ボイストレーニングとは(種類と当スクールのスタイル)

what is voice training

ボイストレーニングの種類

ボイストレーニングの定義はあいまいですが、歌唱指導やセリフ指導とは違い、声作り(発声)に特化したものと考えられます。
しかし、歌唱指導などあわせて行っているスクールのほうが多いかもしれません。
滑舌や発音は?というと、これは定義がさらに難しくなります。
なぜなら、舌滑が悪いのでなおしてほしい・・・という方はほとんどが母音の発音に問題が有り
母音の発音に問題が有る方は発声・呼吸に問題がある場合が多いからです
もしボイストレーニングを始め、習おうと思われたなら、その目的が自分にあっているかを見極める必要があります。

ボイストレーニングスクールのスタイルの例

1.声作り(発声)に特化したスクール 

2.声作り(発声)+歌唱(セリフ・スピーチ他)指導

3.歌唱指導をしながら発声も指導

4.歌唱・セリフ指導のみ

大まかに、以上のようなスタイルが考えられます。
では、以下に、当ボイトレスクールのレッスンの進め方進め方を解説します。

SONG-VOICE-LIFEのレッスンスタイル

レッスンの進め方

ヴォーカル・スピーチにかかわらず、まずは上記のスタイル例で解説しますと、

1.の声作りを行い(とりわけ、そのための呼吸とフォームづくり)、
それがある程度できてきた時点で、相談しながら、
2.の歌唱(セリフ・スピーチ)指導に移ります。

ただし、
3.はあまりしません。(クラシックの先生に多い傾向にあります)
3.は歌を唄いながら、「ここはもっとこんな声で」とやるわけですが、少々危険です。

歌や舞台は本番が始まると、もう、誰も助けてくれません。
自分ひとりで歌いきらねばならないのです。

それをいちいち止めて、ここの発声はこうだ・・・とやっていては歌唱力や、その感性を失いかねません。
さらに言えば、「発声のことを考えながら歌っている歌を聴いて感動できるか?」も疑問に思いますよね。
歌唱時には「ボイトレのことは忘れる!」これが基本です。
リズムや歌詞など、他に重要なことはいくらでもあります。歌で声がしっかり出せなかったら??
出るようになるまで、1.をやりましょう!
4.は発声がある程度出来上がった人向けです。私も発声ができてる人にはここから始める場合もあります。
また、本番・レコーディングが差し迫っている場合もここから始める場合があります。

表現力を手に入れる中で、テクニックが手に入れることが重要です

忘れないでいただきたいのは、ボイトレは、ただ声がよくなることや、高い声を目指すだけでなく、

あくまで自由に表現するためであり、また、表現したいものがあるのに
「そのテクニックがないために表現ができないこと」を解消するために在るべきだということです。

ですから、私は、自由な表現ができるためのお手伝いをさせていただくわけです。ここは「こんな気持ちで」などという指導はなるべく避けています。その自由な表現、つまりは相手に届く表現力を手に入れる過程で、よく言われるミックスボイスや高音域も、枯れない声も、痛くならない声の出し方や聞き取りやすい、受け取りやすい発音も身についていくことも、きっと実感していただけることでしょう。