オンライン・対面レッスン◆ただいま入会金無料◆

2022-07

上達のアドバイス

喉は声を出す場所ではなく「奏でられるのを待つ場所」

歌う時の喉は歌う場所ではない!?喉が歌わされるのを待ち、奏でられた時、その声は自然界のものとなる。どんなに正しくても声が呼吸を待てないと、呼吸と声はバラバラになり、練習は嘘をつくのです。ボイストレーニングはまうずブレスデザイン東京東高円寺/オンライン
上達のアドバイス

【動画】子音と母音で変わる「美しく滑らかに歌い話すための喉の開け方」【YouTube】

母音と子音で変わる喉の開け方について。体も開く喉の開け方(ver.1)の応用編動画のご紹介とその解説です。さらに言葉を滑らかに歌い・話すための喉の開け方を解説。レガート唱法(滑らかに歌う方法)や滑舌の本来の作り方とよくある勘違いなどについて...
タイトルとURLをコピーしました