すべての表現者のために「腹式呼吸とブレスコントロール本当の意味と意義」公開

上達のアドバイス

「歌ってもっと自由に歌って良いんだよ」「表現の本質とは」「浜渦のボイトレに対する考え方」などを連載。ボイトレメソッド・練習法とは違った切り口でアドバイス。

ボイストレーナーとして、指導者として、現在のボイトレ・声楽界のレッスンの問題点、また、自論・哲学についても。

上達のアドバイス

声を「弦楽器」に例えて考えると「何から始めれば良いか」が見えてくる

どんなにボイトレや声楽を習っても自由に歌えない、自然に声が出せないと嘆く方へ。何から始めれば良いかの「優先順位」を考えれば光は見えてきます。高い声が苦手なのは、身体のパーツの優先順位が乱れているからです。わかりやすく弦楽器に例えて考えてみましょう!
上達のアドバイス

「共有すること」は「自分を高めること」

音楽を志す全ての方へ。歌い手になりたい方へ。役者になりたい方へ。いや、この地球に生き流全ての方へ謹んでメッセージさせていただきます。共有することのすばらしさ。表現の根幹は、あらゆる障壁を超えた共有…
上達のアドバイス

誰かの真似はつまらない!歌い方は「自分のスタイル(我流)」で良い

「こんな風に歌え」そんなものは蹴っ飛ばして「自分のスタイル」を追求しましょう。唯一の条件は、長く活躍し続けているミュージシャン・ボーカリストに共通する、基礎の基礎だけは手放さないことです。
上達のアドバイス

「どんなレッスンでもなかなか上達しない人の共通点」とは

どれだけ良いボイトレ・声楽レッスンを受けても、なかなか上達しない方の代表的な3つの共通点をあげました。真面目さゆえの落とし穴に要注意です。
上達のアドバイス

「個性」とは何か「新しい自分」に出会うために

個性を無理に作らずに溢れさせるには?体幹と身体のパーツの入力・脱力のバランスが取れれば、体と呼吸が自由になり、そうすると個性はいやでも溢れ出てきます。これこそがボイトレ・演技・歌の基礎です。個性とは自然な表現そのものなのです。自由になる前にテクニックを詰め込む危険性等も。
上達のアドバイス

レッスンで教えては「いけない」こと

ボイストレーニング、演技や声楽レッスンで教えては「いけないこと」。本当の基礎が身につくと、自ずと自然で個性的、そして感動的に歌えるようになります。それを教えるのが講師の力量です。基礎が何かをとらえずに、要らいないことを教えてしまうと却って下手になってしまう場合も…スクール・教室選びの参考にも。
タイトルとURLをコピーしました