オンライン・レッスン◆ただいま体験無料◆

浜渦弘志

ボイトレ動画

【YouTube動画】《身体も開く「喉の開け方」》歌唱力・音域・表現力UP!【浜渦ボイトレメソッド】

体も開く喉の開き方。無理な力を入れずに、舌根も楽に下がる浜渦ボイストレーニングメソッドを動画で解説。ブレスコントローの習得にお役立てください。オンライン・スタジオレッスン(東高円寺・新宿・横浜・尼崎)
30秒アドバイス

【お腹の力を「どう感じる」か】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

今回の30秒アドバイスは「お腹に力を入れる感覚」…難しいことは、想像しやすい「たとえ」に置きかえるとわかりやすくなります。教科書には載っていない目からウロコのボイストレーニング。考え方を変えれば歌は上手くなる。声も自由になる。演技も上手くなる。姿勢も良くなる。自分がわかる。オンラインレッスン・スタジオレッスン、東高円寺・新宿・横浜・尼崎
持論・哲学

表現とは「自分の弱さと強さを知り、生かし合うこと」

目からウロコのボイストレーニング。表現者は自分の弱さと強さを知り、それそれを生かし合うことを知っています。優れた表現者は、人の痛みを知り、優れた部分を認め、互いを生かし合うことを知っています。オンラインボイトレ・無料体験レッスン実施中です。
30秒アドバイス

【「…ん?…ちょっと待てよ…」の呼吸にヒントあり】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

実生活のありふれた行動に呼吸法のヒントあり。教科書には載っていない目からウロコのボイストレーニング。考え方を変えれば歌は上手くなる。声も自由になる。演技も上手くなる。姿勢も良くなる。自分がわかる。そんなボイトレのヒントをごく短くご紹介していきます。オンラインレッスン・スタジオレッスン、東高円寺・新宿・横浜・尼崎
30秒アドバイス

【余計な力が入る理由】30秒で読める「ボイトレ・ワンポイント・アドバイス」

目からウロコのボイストレーニング。考え方を変えれば歌は上手くなる。声も自由になる。そんなボイトレのヒントをごく短くご紹介していきます。
上達のアドバイス

絶対音感の弊害と、真面目な人ほど歌が上達しない傾向にある理由

どれだけ歌を練習しても上手くならない、発声練習をしても歌に活かせない方、喉がすぐ痛くなる方へ。真面目な人ほど、なかなか上達せず、高い声も出にくい傾向にある理由と、正しさや絶対音感が上達を妨げる危険性について。ここに気付かなければ、いくら良い先生に習っても、ボイトレをどれだけやってもなかなか上達しません。
上達のアドバイス

気持は呼吸に宿る…声を出している時だけが歌じゃない「一曲の物語を紡ぐ、勢いのある呼吸」を作る

ボイストレーナーの浜渦です。 声を出している時が歌ではありません。休符や間奏の間も、物語は続いていますよね♪ たとえ喉の調子が悪く、声が裏返ったり、途切れたりしても、呼吸の流れや勢いこそが物語となり、相手に伝わることを忘れないよ...
ボイトレメソッド&練習法

【呼吸も声もどんどん良くなる】下の歯の先端に息を集めて強く粘る息を作る方法【レガート唱法】

おうちで、どなたでも気軽に、大きな声でなくても実践できるボイストレーニングをご紹介。今回は拗音(ようおん)の発音と下の歯の先端に息を集めることで、レガートに滑らかに、自由に歌う練習方法をご紹介します。プロの歌手とアマチュアとの差がつきやすい部分です。一般の方が苦手な部分を、拗音をうまく隠しながら使っているプロがたくさんいます。拗音とは何かを含めて解説しますね。
滑舌・発音

滑舌の悪い理由は、口の開け方や舌や唇の使い方の問題ではない!?【滑舌の悪い政治家を例に挙げて解説】

滑舌・発音が悪い、悩みがある方へ。口の開け方や舌やくちびるの使い方よりも、もっと根本的な問題を、安倍首相を例に挙げて解説。※特定の政党、政治家を応援したり、批判するものではありません。
上達のアドバイス

【息をハフハフするだけ】息の通りを良くして喉をが開き声も楽になる方法【簡単・10秒で実践】

どなたにでも簡単に実践できるボイトレメソッド。オンライン・レッスンで実践中の、喉が開き、息が混ざり、無理な力が入らない呼吸・発声法をご紹介します。浜渦メソッドは、今までのボイストレーニングやボイトレ本ではよくわからなかった声の秘密を、どなたでも想像しやすい「実生活」の体験から本質に迫ります。
タイトルとURLをコピーしました